DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート8ページ

さて影の薄い教祖様とのご対面です。

イブール
不完全ながら攻撃パターンがあることと馬車を呼んでくれるので楽勝気配が漂います。
攻撃ローテーションは以下の通りです。
「輝く息」or「マホカンタ」⇒「痛恨(固定105)」or「防御」⇒「イオナズン」or「凍てつく波動」
つまりイオ系吹雪系に完全耐性があるキャラがいれば、
馬車の仲間と入れ替えることでダメージを0にすることができるということです。
実質「痛恨(固定105」だけ気を付ければいいということになってしまいますw
105という固定ダメージと「防御」のランダム選択なので、うまくいけば「しゅくふくのつえ」だけでも足りてしまう恐れがあります。

※実プレイ時のパーティ
 おどるほうせき  :「かがやくいき」「イオナズン」壁役、つまり唯一の出突っ張り
           「しゅくふくのつえ」はこいつがベストか?
           さらに暇なときは「バギクロス」と実は主力アタッカー
 ホークブリザード :「かがやく息」の壁役で「あくまのつめ」装備の攻撃担当
 ビックアイ    :「しゅくふくのつえ」で回復が間に合わなくなった時の緊急回復要因
           だけどたぶん出番はない
 ばくだんいわ   :いつもどおりのアタッカー
以下HP106以上であれば基本誰でもよいw
 スライムベホマズン:万が一の回復要因だけどむしろ雑魚戦の回復担当
           イブール戦では使わないつもりでいる
 ダンスニードル  :LVカンストしてなかったから、「マグマのつえ」装備で攻撃担当に
 エンプーサ    :LVカンストしてなかったから
 主人公      :やっぱり棺桶です

今回は完全パターンができます
1ターン目
 ホークブリザード:「こごえるふぶき」か「たたかう」
 おどるほうせき :状況の応じて「しゅくふくのつえ」か「バギクロス」(マホカンタ時は「たたかう」)
2ターン目
 ばくだんいわ  :「きあいため」
 ホークブリザード:「こごえるふぶき」か「たたかう」
 おどるほうせき :「しゅくふくのつえ」で回復、必要がなければ「たたかう」
 ダンスニードル :「たたかう」
3ターン目
 ばくだんいわ  :「たたかう」イオナズンは耐性で20程度で済む
 おどるほうせき :状況の応じて「しゅくふくのつえ」か「バギクロス」(マホカンタ時は「たたかう」)
以降繰り返し

2ターン目は割と防御される可能性が高いので「バギクロス」は遠慮し「きあいため」で充電します。
マホカンタの有無に注意すれば時間はかかりますがほぼ完封できるでしょう。
まさかのダンスニードルが攻撃役ですがただこの時HPが一番高かったからだけですw
万が一回復が追い付かなくなったときは2ターン目でダンスニードルとビックアイを調整して入れましょう。
とはいうものの実プレイ時はそんな必要は全くなかったのですがw
ただもしホークブリザードの賢さが低かったらちょっと困った状況になる可能性が…
賢さが低いと勝手に「ザラキ」のマホカンタ反射で自滅がありうるのでMP減らすかLVUPさせましょう。
というか実際のプレイでこの懸念が見事的中し華麗に自滅しましたw
まあいなくても大丈夫なんで、使わないのがいいのかもw
[PR]
by mick_loca | 2012-06-16 00:59 | DSドラクエ5
<< DS版ドラクエ5MAXLV30... DS版ドラクエ5MAXLV30... >>