DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」 十八日目

「またしても史上最大の死闘」

ぶっちゃけラスボスより強いんじゃないかと思うブオーン戦です。
今回の縛りでは前回の縛りのような戦略は使えません。
おどるほうせきのような完全耐性+ダメージ源のようなキャラがいない。
回復呪文の使い手もいないので「ルカナン」+「打撃」がきつすぎる。
そう「ルカナン」+「打撃」なんです問題は。これを放置したままでは回復が全く追いつきません。
最初「ルカナン」を「マホカンタ」で跳ね返す戦略を考えましたが全然実用的じゃなかったw
なのでまた別の発想が必要です。

◎ブオーン戦
攻撃パターン:「打撃」「はげしいほのお」「いなずま」「スカラ」「ルカナン」の1~2回行動

パーティメンバーとレベル
 ブルートLV12:
  基本攻撃できるのはこいつだけ。
  「バイキルト」で攻撃力を上げて攻撃します。
  ブオーンが「スカラ」を使ったら「てんくうのつるぎ」で解除する。
  「しんぴのよろい」装備の微回復も重要な要素。
 パペックL21:
  基本「しゅくふくのつえ」で回復あるのみ。
  おそらく他の行動をとっている余裕はない。
  耐性のおかげで「打撃」以外は一番安定。
 キングスLV11:
  開始時に「フバーハ」。
  そのあとはずっと「スクルト」をかけっぱなし。
  MPが切れたら「エルフののみぐすり」で回復する。
  おそらく完全に守備力が上がりきることはないと思う。

ある意味オーソドックスな戦略だったw
前回の縛りのときがエキセントリックだったか。
ブルートには「てんくうのつるぎ」、パペックには「しゅくふくのつえ」、
キングスには「エルフののみぐすり」を複数持たせるようにしてください。
あと全員に「せかいじゅのは」を持たせることも忘れずに。
「やくそう」はおそらく使っても焼け石に水なのでいらないと思います。

でこの戦略で戦った結果、パペックが途中で死んでしまって「せかいじゅのは」を一枚、
キングスのMP切れによる「エルフののみぐすり」を二個使いましたが何とか倒せました。
「打撃」二連続が思いのほかうまくダメージが分散したことが勝因かと。
結局ここら辺は運ゲーになってしまいますね。まあ致し方なし。
しかし全体攻撃の使用率が意外と低いのかなあと思うのと、あと「ルカナン」使われすぎw
でも倒すことができたのでよかったです。

あと今回は使わなかったけどブルートに「きせきのつるぎ」を装備させるともっとやりやすくなると思います。
まあこれはいままでのボス戦でもいえることなんですがw
[PR]
by mick_loca | 2012-07-12 04:37 | DSドラクエ5
<< DS版ドラクエ5縛りプレイ「最... DS版ドラクエ5縛りプレイ「最... >>