「ほっ」と。キャンペーン

DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」 二十三日目②

「勝てる気がしない?エスターク戦(戦闘編)」

さて、今回で縛りプレイ最後となる予定(!?)のエスターク戦です。

戦略は今回も前回の縛りのとき同様帝王様には眠ってもらいます。
が、今回のレベルではエビルマが「ラリホーマ」習得しておりません、まさにお荷物w
なので別な方法をいくつか併用して投入します。
「まどろみのけん」(パペック・ブルート)と「あんみんまくら」(エミリー)と「あまいいき」(ミニモン)です。
「ラリホーマ」よりは確率が落ちますが数で勝負です。

基本戦略はともかく眠ってもらって、眠ってる間にちびちび補助回復攻撃を仕掛けるという感じです。
まずキングスは必ずパペック・エミリー・ブルート全員に「フバーハ」を掛けること。
少しでもダメージを減らすためです、特にブルート・キングスは耐性の穴があるので重要です。
もし馬車の中にいて「フバーハ」がかからなかったときも出てきたときに必ず「フバーハ」をかけること。
エミリーは基本全ターン「あんみんまくら」使用、眠ってても使用、攻撃して起きたらもったいないのでw
もしどうしても回復が必要な時だけ「しゅくふくのつえ」を使用、まあそうなったら馬車inがいいと思いますが。
パペック・ブルートも「まどろみのけん」で攻撃あるのみ。眠ってくれることを祈りましょう。
ただしパペックは帝王が眠ったときに「たたかいのドラム」を使用。
今回主要な攻撃が「まどろみのけん」のためダメージが小さいので重要です。
ただし、「いてつくはどう」後で寝てない時はとにかく眠らせることが重要なので攻撃あるのみです。

防御面について。
帝王の通常攻撃がきつく、一発で沈められることがままありますので適宜キングス、オークスで復活させてください。
あと「いてつくはどう」が先にきて大ダメージをくらってしまったときは、
それでも「フバーハ」先決でオークス・エビルマの「ベホマラー」で回復させるといいでしょう。
今回は馬車inも頻繁に行うべきです、特にブルートはよく大ダメージを食らうのでw
MPが切れそうになったら基本回復ですが、帝王が眠っているときに邪魔にならないように行いましょう。

攻撃面について。
今回は眠っていてもらうことが重要なので基本武器攻撃はパペック・ブルートのみ。
例外は帝王が眠りから覚めた次のターンで、補助呪文やHPが完全なときのみキングスが攻撃してもいいでしょう。
「バイキルト」がかかってると「まどろみのけん」二匹よりでかいダメージを与えますがw
あと、帝王が眠っていて補助呪文とHPが完全回復してるときはミニモンが出て「メラミ」を使います。
呪文は起こすことがないので、何気に今回の最大火力だったりしますw
一応キングスも「メラミ」を使えますがMPは出来れば補助回復に回したいので使いません。
今回は使いませんでしたが「はげしいほのお」のほうがMP無しで同じくらいのダメージが与えられるかも…

実際戦ってみると、わりと眠ってくれずダメージがたまり何回か死んでしまいました。
けど次第に慣れてくるとやることもわかってきてなかなか安定して戦うことができました。
戦う前はダメージ量が少なすぎてジリ貧で負けるばかりじゃないかと思ってましたが、
ここにきてのミニモンの活躍が光り、100ターンきっかりで倒すことができました。
さすがに装備の関係で前回の縛りのときの倍以上かかってしまいましたがw


目標としていたエスタークも無事撃破したのでこれにて今回の縛りプレイは終了です。
明日また総評を書いて終了したい…と思います。
これでやっと最近買ったゲームに本腰を入れられますw
[PR]
by mick_loca | 2012-07-19 05:17 | DSドラクエ5
<< DS版ドラクエ5縛りプレイ「最... DS版ドラクエ5縛りプレイ「最... >>