2012年 06月 19日 ( 1 )

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート11ページ

様子見のラスボス戦です。
今回はパーティの装備持ち物から戦略を解説、第一形態までをレポート。

ミルドラース戦のメンバー

ギガンテス:LV05 [360/ 0]
 ビッグボウガン・まほうのよろい・オーガシールド・グレートヘルム・エルフのおまもり
 まじんのかなづち・せかいじゅのは

ばくだんいわ:LV20 [342/ 10]
 じごくのサーベル・デビルアーマー・ダークシールド・メタルキングヘルム・エルフのおまもり
 せかいじゅのは

ホークブリザード:LV19 [267/ 68]
 あくまのツメ・みずのはごろも・(なし)・かぜのぼうし・エルフのおまもり
 しゅくふくのつえ・せかいじゅのは

おどるほうせき:LV07 [195/181]
 はがねのキバ・カメのこうら・(なし)・シルクハット・エルフのおまもり
 けんじゃのいし・てんくうのたて・せかいじゅのは

ビックアイ:LV20 [207/ 55]
 ほのおのブーメラン・みずのはごろも・ほのおのたて・ちりょくのかぶと・エルフのおまもり

ガップリン:LV20 [304/ 57]
 はがねのキバ・カメのこうら・(なし)・シルクハット・エルフのおまもり

スライムベホマズン:LV20 [429/516]
 オリハルコンのキバ・みずのはごろも・マジックシールド・しあわせのぼうし
 ほしふるうでわ・エルフのおまもり

様子見の戦いなのでボロボロと準備に穴がw
たとえば「エルフののみぐすり」を渡すの忘れてたとか、「せかいじゅのしずく」も持たせればよかったとか。
まあMPに頼らない戦闘戦略なのでMP不足はしないと思うのですが、
回復薬のホークブリザードとビックアイには持たせたほうがいいかも。
あと「ほしふるうでは」をスライムベホマズンのつけっぱなしにしてたとかもありますね。
まあじゃあ誰につけるんだといわれてもピンとこないけどw
あと、ばくだんいわの「じごくのサーベル」ですが、
これは魔界のすごろく場で平地マスで地面を調べるとたまにもらえます。
セレブリティパス入手後にすごろく場を駆け回るとよいでしょう。
あと宝物庫に「しゅくふくのつえ」があるらしいんですがマスに止まれず諦めましたw

さて基本戦略ですが非常にシンプル
ギガンテスばくだんいわ
 攻撃担当、ただ攻撃するだけの簡単なお仕事です。
 ばくだんいわは耐性のおかげでかなり粘りますが、
 ギガンテスはだいぶダメージを受けますので馬車inも含めた回復優先で。
 「きあいため」は馬車に入ることがある、なるべく会心の一撃を出したいということでなしのほうがいいと思います。
ホークブリザードおどるほうせき
 回復担当、おどるほうせきは基本「けんじゃのいし」で全体回復。
 ホークブリザードは「しゅくふくのつえ」で主にギガンテス、状況の応じてやばそうな人の回復です。
 ホークブリザードも第二形態では耐性の問題でダメージを受けやすいので馬車inもよくあります。
 もし回復の手が空きそうなら攻撃参加をするといいでしょう。
ビックアイガップリン
 盾担当、上記4匹が馬車inしたときの壁として出動。基本「ぼうぎょ」のみが安全です。
 ビックアイは最後の最後で出番があるので1匹だけならガップリンを先頭にすればいいでしょう。
 HP300あるので「ぼうぎょ」さえしてればだいぶ持ちます。
スライムベホマズン
 今回はあえて使用しないことにしてますがここまでくるための雑魚戦で重宝してます。

ミルドラース戦(第一形態

まあここはそんな苦戦せず倒せるはず…です。
最初しばらく仲間を呼ばれず順調にダメージを与えていきましたが、
キラーマシーン二匹呼ばれてからは結構綱渡りでした。
どうしても吹雪耐性のないギガンテス・ばくだんいわにダメージが集中すると一気に危険な状態に…
そうなったときは適時ガップリンとビックアイを表に出して回復を図ります。この二匹は基本全防御で行きます。
しかし青リンゴHP300で防御だけに徹すればかなり持ちます。
後々このリンゴの盾っぷりがパーティをたびたび救うことになります。
あと最初ギガンテス・ばくだんいわを前列にしてたせいで攻撃が結構集中して危険な状態になりやすかったので、
それに気づいてからはホークブリザード・おどるほうせきを前に出しました。
こいつら二回に一回の「かがやくいき」完全耐性がありますからキラーマシーンのダメージも何とかなります。
あ、やはりダメージ分散させて雑魚倒すよりもさっさとミルドラース倒すべきだと思います。
そして順調に第一形態を撃破。問題の第二形態へ…
[PR]
by mick_loca | 2012-06-19 00:43 | DSドラクエ5