2012年 06月 21日 ( 1 )

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート13ページ

眠れる帝王 エスターク

さあ、隠しボス討伐です。
エスタークの攻撃パターンは完全二回攻撃で
「打撃」「メラゾーマ」「イオナズン」「しゃくねつほのお」「かがやくいき」「いてつくはどう」
さすがにダメージデカすぎるのでスライムベホマズン使わないと無理だよねー
ただこの帝王は寝ます、起きたばかりだから二度寝ですねw
なので今回は「ラリホーマ」が使えるおどるほうせきガップリンに活躍してもらいます。
基本的な装備はミルドラース戦と変わりません。
隠しダンジョンで手に入ったものでランクが上がるものがあれば装備しましょう。
そして今回いつも回復役のおどるほうせきに「ラリホーマ」をしてもらうので他のモンスターの役割を変更します。
ホークブリザードに「けんじゃのいし」を持たせ、ガップリンに「たたかいのドラム」を持たせます。
どうしても「ラリホーマ」を持ってるモンスターが前衛に立つことになるのでガップリンが重要となります。
そしてギガンテスに「てんくうのつるぎ」を持たせてください。
現時点で(ギガンテスLV05)素早さが一番高いので開幕に使用し帝王のマホカンタを消してください。
そしておどるほうせきは毎ターン「ラリホーマ」。眠ってても「ラリホーマ」。
ガップリンも基本「ラリホーマ」で帝王が眠ってたら「たたかいのドラム」でバイキルト。
このときできればおどるほうせきを下げてホークブリザードを前衛に出してればなお良し。
ただ、その分起きる確率も上がるので無理しなくてもいい。
そしてギガンテス・ばくだんいわはひたすら攻撃しているという感じです。
うまく1ターン眠ってくれて回復の必要がなかったらホークブリザードを加えた3匹で攻撃。
まあ帝王の攻撃一回目で目覚めて二回目で何かしらの攻撃が加わることがよくありますがw
もし「ラリホーマ」がうまくかからなくてダメージを受けた場合は、
ホークブリザード・ビックアイが持ち前の回復力で回復します。
「けんじゃのいし」では回復が間に合わないと思ったら「ベホマラー」です。
後は帝王がオヤスミすることを願ってひたすら頑張りますw
眠らなかったときのダメージが非常に大きいのでパーティの入れ替えはかなり頻繁に行わないといけません。
しかも確率というものは残酷で、実際のプレイ時は「ラリホーマ」が3ターンくらい連続で効かずに、
ギガンテス・ガップリンが死んでばくだんいわも瀕死になって結構やばい状態になりました。
なんとかこのあとおどるほうせきの「ラリホーマ」で眠ってくれたので、
ビックアイ「ベホマ」次ターンでばくだんいわ「メガザル」、そしてギガンテス「せかいじゅのは」で何とかしました。
そしてしばらくしていつもの大チョンボが発覚、「エルフののみぐすり」を持たせるの忘れたwww
ちゃんと準備しなさいとミルドラース戦で学んだのに…
なのでまずガップリンのMPが切れ、ホークブリザードのMPが切れ、そしておどるほうせきも切れました…
さすがにスライムベホマズン出動か?と最後の特攻をかけたらなんとそのターンで見事勝利!!

あれ?またしてもスライムベホマズン使わず勝ててしまったw
そしてせっかくの耐性が強いライオネックも使わずに…
もし勝てなかったら使おうと考えていたんですがせっかくの見せ場を奪ってしまいましたwww
まあライオネックはエスタークやミルドラースのやりこみ撃破に使われる強モンスターなので使わないほうがいいかもですが。
ちなみに撃破まで42ターンかかりました。意外と短い。
さすがにダメージ量からして15ターン以内撃破の闇のトロフィーはとてもじゃないが狙えないのでこれにて終了です。

以上で今回の縛りプレイレポートは終了です。
次回全体的なまとめを書いて終わりにしたいと思います。
[PR]
by mick_loca | 2012-06-21 01:45 | DSドラクエ5