DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」 四日目

「ナメられたニセたいこう」

神の塔にくさったしたいが入る…由々しき事態なのではw
とまああまり気にせずコドラン・スミス・マリアで神の塔突入。
そうそう、この時点でくさったしたいが装備できる最高のものは以下の通り。
 「たけのやり」「うろこのよろい」「せいどうのたて」「てつかぶと」
実は武器と鎧、青年時代ではどこでも売っていない品物ですw
「たけのやり」は過去に行ったとき買えますが現時点では無理。
「うろこのよろい」に至っては青年時代以降手に入れる手段のないレアアイテムですw
なので幼年時代にきちんと買っておいてちゃんと取っておきましょう。

話戻して神の塔、モンスターの遭遇率はあまり高くなく、戦闘後にきちんと回復させてればそこまで危なくならないかも。
とはいうもののかしこさが低いので行動次第では全滅もあり得る運ゲーなところもありますが。
実際のプレイでは二人とも死なずに「ラーのかがみ」ゲット、何とかかしこさ20に達するレベルまでは上がりました。

 コドランLV07 くさったしたいLV10

さすがに命令聞いてくれないと倒せるものも倒せないのでここまではレベル上げます。
ではこの二匹でニセたいこうに挑みます。

◎ニセたいこう戦
 攻撃パターン
 「打撃」or「仲間を呼ぶ(わらいぶくろ)」⇒「きあいため」or「かえんのいき」⇒「打撃」or「仲間を呼ぶ(がいこつへい)」

主人公ヘンリー強制参加の二匹戦闘…といっても使える仲間は二匹しかいないんですがw
しかし人間たちは裸で道具を使ってますw
戦闘開始いきなりわらいぶくろ呼ばれて主人公に「メダパニ」やられ混乱してしまいましたw
まあ下手の行動は起こさずに済みましたけど(石投げて2ダメージ与えましたが誤差の範囲ということでスルーw)
そして「かえんのいき」くらったらスミスが50強のダメージで、もう一発来たら死んでしまう。
あ、これは無理かなーという雰囲気が漂います。予想どおりいきなりクライマックス!!

 基本戦略は スミス「なめまわし」コドラン「こうげき」 これだけw

ニセたいこうは弱耐性ながら「一回休み系」が効きます、なのでスミスがニセたいこうを舐めきって完封を目指します。
たまに効かない時があるのでその時に「かえんのいき」が来ないのを祈るのみ。
うまくターン数を考えてタイミングなどを計れば割と安全に回復できます。
現状コドランのこうげきでダメージは平均25、ニセたいこうのHPは650。
うまく行動させなければ大体30ターンくらいで決着がつきます。
まあちょっと運ゲーなところもありますが「なめまわし」はかなりの確率で効くのでそこまで運に頼らない感じかも。
実際一発クリアできましたし。
まあ「なめまわし」効かなかったときの敵の行動が「きあいため」か「仲間を呼ぶ」だったので運が良かったといえますが。
ただわらいぶくろがこちらの攻撃回避するのがウザいw

というわけでラインハット制圧して西大陸に旅立ちます。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-27 17:23 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」 三日目

「増えるぬのきれ 上がるレベル」

昨日から人間によるサンタローズの洞窟で死体の埋葬作業続けてますが一向に仲間になりませんw
つーかメタルスライムの出現率のほうがくさったしたいの出現率より高いんじゃないか?
と思って適当な20戦で出てきた回数数えてみた。

 メタルスライム 7回/20回  くさったしたい 4回/20回

やっぱりwwwこれじゃなかなか仲間になりませんよねえ…
さらに「ただのぬのきれ」増える増えるw「ただのぬのきれ」を落とす確率は1/8、仲間になる確率は1/32。
もう10枚以上集まってしまいました…
そして人間のレベルも上がる上がる、ついに逃走完全成功レベルの18を越えてしまいましたw
完全に逃げられるならと「においぶくろ」を使いくさったしたい以外ガン無視逃走。
メタルスライムからも先に逃げる逃げるw
そして二時間ほど作業が続いたのちようやく仲間になりました…

もう疲れたので今日はこれにて終了。
とりあえず神の塔クリアまでこの二匹のかしこさが20を越えること祈ろう…
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-26 03:39 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」 二日目

「縛りプレイ 早くも挫折!?」

えーラインハット行って「はがねのキバ」「かいがらぼうし」を買って装備補強しサンタローズの洞窟へ…
序盤に仲間にできるもう一匹のモンスター、くさったしたいを勧誘しに行きます。

※サンタローズの洞窟 くさったしたい
 有名なモンスターですが、5では使えないモンスターとして有名。
 HPや力は上がるものの、身の守りやすばやさが絶望的に低い紙装甲。
 装備もわりと貧弱、最高レベルも30と成長も止まる、特技も微妙。
 なかなか使うことの少ないモンスターですが、
 今回の縛りではドラゴンキッズとくさったしたいしかニセたいこう戦まで仲間にできませんw
 (ある場所に行けば他にもいますが、それはやらない方向で行きます)
 けど、ニセたいこう戦の切り札でもある。

だがしかし、一応くさったしたいはコドラン単騎で仲間にしようとしたんですが、
数回死んでしまってこのままでは一向に話が進まない状態になりかけたので、
ここだけは縛りをやめて、くさったしたいを仲間にするまで人間使います。
まあ見せプレイではないしこんなこと時間かけてまでやる意義はあまりないと思うのでご勘弁ください。

前回の最大レベル30未満のときに比べると序盤に使えるモンスターが少なすぎるw
しかも今日は仲間になりませんでした。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-25 03:47 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」 一日目

「コドラン・奴隷のドレイになる」

さあ、幼年時代はすっとばして馬車を手に入れた状態から最初の仲間コドランを勧誘しに行きましょう。

※ラインハット周辺 ドラゴンキッズ
 ほのお耐性が強いので序盤のボス戦、ニセたいこう戦、ようがんげんじん戦に活躍が期待できるモンスター。
 攻撃力もそれなりに高く「かえんのいき」も早めに覚えるので中盤の雑魚戦も期待できます。
 しかし仲間になった時点が多少心もとないんですよね。
 かしこさが低いのでなかなか戦いづらい…というか序盤のモンスターほとんどそうかw

まあ確率は1/16で前回のダニーより仲間にしやすいので5回目で仲間になりました、人間さんの仕事はほぼ終了しました。
この最序盤の一匹モンスターのときが一番きついのかもw
さすがにこのまま洞窟に突っ込んだら戦闘一回目で瀕死になりやっぱり駄目だと少しレベル上げ。
とりあえず「あまいいき」を覚えるLV5まで上げてはみたけどまだかしこさ20に届かず…
それとこの時点でのコドランの装備がほとんど揃わないのでせめてラインハットで「はがねのキバ」を買おうとしたら、
パパスの怨念により無理やりサンタローズに引き戻されてしまいましたw
くそぅ、こんな仕様があったのか気づかなかったぜ…
仕方ない、どうせサンタローズの洞窟は人間つれいていかないとイベント進まないのでさくっと手紙と剣回収。
今日はここで終了。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-24 02:06 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5縛りプレイ「最高レベル30モンスターズ」

昨日の今日でさっそく続編ですw
ついついやってみたくなってしまったので。
前回の反省を生かしつつ今回かけた制限は以下の通り。

禁止事項
●最高レベル30のモンスターのみ加入
 ※キラーパンサーだけは仲間に入れる(理由は報酬)
●人間キャラクター原則使用禁止
 ※イベント上を強制されてる場合は使います(当然)
※「ルーラ」は使用可能(見せプレイではないので)
●同一モンスターの複数人使用禁止

つまり最大レベル30モンスターのみ使用プレイです。
前回の縛りとほぼ一緒じゃないですか、使えるモンスター違うだけです。

前回の縛り説明のとき最大レベル30のモンスターを羅列したら意外と面白そうだなと思ってしまって。
今回はリアルタイムに状況を書いていく予定です。
しかし現状とある地点で早くも縛りを緩和しようとしています。
その点はたぶん明日あたりに書くことになると思いますがw
方針としてはボス戦の戦略などを意識していくので、
道中、特に勧誘のときなどは多少縛りを緩和していく予定です。

またグダグダと続けていくつもりなので生暖かく読んでください。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-23 01:48 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポートまとめ

突然思いついた縛りプレイですがちゃんとクリアできてよかったです。
まあおそらく大丈夫だろうとは思ってましたがここまでうまくいってくれると楽しかったです。

青年時代前半は序盤三強ほかいろいろ仲間にできるので割とすんなり進みましたね。
最終戦までいたメンバーですが回復呪文が使えるビックアイがすごく重宝しましたね。
ここら辺は面子が揃ってるので楽でした。
結婚後からはおどるほうせきを前面に出しすぎて面白みに欠いたなぁといまさらながら後悔。
ボスラッシュのときなんかはおどるほうせきを使わずに戦ってみたほうがよかったなあと。
さすがに「バギクロス」連発は反省材料ですね。
おどるほうせきを除くとばくだんいわが耐性も優秀で最後までアタッカーとして活躍くれました。
彼も今回の縛りの立役者といっていいでしょう。

青年時代後半からは仲間にできるモンスターも少なく攻撃力不足が顕著に…
大抵のモンスターは最高レベルになってしまってこれ以上成長しないし。
ボス戦よりも雑魚戦のほうが苦戦したんじゃないかと思うくらいw
途中からボス戦使用禁止にしたスライムベホマズンも雑魚戦は使いまくりだし。
ベホマズン仲間にすらできない縛りにしたらボスにまでたどり着けるか不安になる。
最終的に雑魚戦はギガンテス・ばくだんいわ・スライムベホマズン・ホークブリザードという感じで安定しましたが。

あと予想外に苦戦したのがブオーン戦。
3匹戦闘で馬車なしというのが痛すぎた、運ゲーにはしたくないのですがここばっかりは…
しかしそのほかのボスはラスボス、隠しボス含め意外と安定した戦いができてびっくりしました。
さすがに「めいそう」にはキレそうになりましたがw
ギガンテス強すぎですかね、こいつも使わないでラスボス挑むとしたらどうなるだろうか…
ちょっと思いつきませんがwダメージソースが少なすぎるから。
あとガップリンの活躍も意外、正直ここまで使える、というか使う状況になるとは思ってもいませんでした。
ただ面倒なんで諦めたメガザルロックとかがいたらどうなってたかわかりませんがw

そうそう、俺の縛りプレイは制限しまくったり低レベルで何回も繰り返して奇跡を待つというよりも、
ある程度自由にしてどれだけ安定して倒せるかというのを主眼に置いてやってました。
記録を狙うプレイじゃないし自分が楽しいプレイを目指します。
とはいってもレベルあげすぎてゴリ押し上等ではつまらない(デモンズタワーあたりで身に染みましたw)のでほどほどにですけど。
次やることがあれば注意しながらやりましょうかw

これにて今回の縛りプレイレポートは終了します。
お付き合いありがとうございました。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-22 01:22 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート13ページ

眠れる帝王 エスターク

さあ、隠しボス討伐です。
エスタークの攻撃パターンは完全二回攻撃で
「打撃」「メラゾーマ」「イオナズン」「しゃくねつほのお」「かがやくいき」「いてつくはどう」
さすがにダメージデカすぎるのでスライムベホマズン使わないと無理だよねー
ただこの帝王は寝ます、起きたばかりだから二度寝ですねw
なので今回は「ラリホーマ」が使えるおどるほうせきガップリンに活躍してもらいます。
基本的な装備はミルドラース戦と変わりません。
隠しダンジョンで手に入ったものでランクが上がるものがあれば装備しましょう。
そして今回いつも回復役のおどるほうせきに「ラリホーマ」をしてもらうので他のモンスターの役割を変更します。
ホークブリザードに「けんじゃのいし」を持たせ、ガップリンに「たたかいのドラム」を持たせます。
どうしても「ラリホーマ」を持ってるモンスターが前衛に立つことになるのでガップリンが重要となります。
そしてギガンテスに「てんくうのつるぎ」を持たせてください。
現時点で(ギガンテスLV05)素早さが一番高いので開幕に使用し帝王のマホカンタを消してください。
そしておどるほうせきは毎ターン「ラリホーマ」。眠ってても「ラリホーマ」。
ガップリンも基本「ラリホーマ」で帝王が眠ってたら「たたかいのドラム」でバイキルト。
このときできればおどるほうせきを下げてホークブリザードを前衛に出してればなお良し。
ただ、その分起きる確率も上がるので無理しなくてもいい。
そしてギガンテス・ばくだんいわはひたすら攻撃しているという感じです。
うまく1ターン眠ってくれて回復の必要がなかったらホークブリザードを加えた3匹で攻撃。
まあ帝王の攻撃一回目で目覚めて二回目で何かしらの攻撃が加わることがよくありますがw
もし「ラリホーマ」がうまくかからなくてダメージを受けた場合は、
ホークブリザード・ビックアイが持ち前の回復力で回復します。
「けんじゃのいし」では回復が間に合わないと思ったら「ベホマラー」です。
後は帝王がオヤスミすることを願ってひたすら頑張りますw
眠らなかったときのダメージが非常に大きいのでパーティの入れ替えはかなり頻繁に行わないといけません。
しかも確率というものは残酷で、実際のプレイ時は「ラリホーマ」が3ターンくらい連続で効かずに、
ギガンテス・ガップリンが死んでばくだんいわも瀕死になって結構やばい状態になりました。
なんとかこのあとおどるほうせきの「ラリホーマ」で眠ってくれたので、
ビックアイ「ベホマ」次ターンでばくだんいわ「メガザル」、そしてギガンテス「せかいじゅのは」で何とかしました。
そしてしばらくしていつもの大チョンボが発覚、「エルフののみぐすり」を持たせるの忘れたwww
ちゃんと準備しなさいとミルドラース戦で学んだのに…
なのでまずガップリンのMPが切れ、ホークブリザードのMPが切れ、そしておどるほうせきも切れました…
さすがにスライムベホマズン出動か?と最後の特攻をかけたらなんとそのターンで見事勝利!!

あれ?またしてもスライムベホマズン使わず勝ててしまったw
そしてせっかくの耐性が強いライオネックも使わずに…
もし勝てなかったら使おうと考えていたんですがせっかくの見せ場を奪ってしまいましたwww
まあライオネックはエスタークやミルドラースのやりこみ撃破に使われる強モンスターなので使わないほうがいいかもですが。
ちなみに撃破まで42ターンかかりました。意外と短い。
さすがにダメージ量からして15ターン以内撃破の闇のトロフィーはとてもじゃないが狙えないのでこれにて終了です。

以上で今回の縛りプレイレポートは終了です。
次回全体的なまとめを書いて終わりにしたいと思います。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-21 01:45 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート12ページ

さあここからが本番です。

ミルドラース(第二形態)

敵さんのHPは7000、減り具合によって攻撃パターンが2回変化します。
すべてのパターンにおいて1~2回行動です。

序盤)HP7000~4500
「打撃」or「しゃくねつほのお」→「いてつくはどう」or「イオナズン」→「ルカナン」or「マホカンタ」

まず最初は第一形態時に受けたダメージを回復させたほうがいいでしょう。
第二形態(序盤)は「しゃくねつほのお」「イオナズン」来ると満タンのギガンテスでもかなりやばくなり
ホークブリザードに至っては瀕死になります。
最初はガップリンビックアイの盾軍団を出して回復させたほうがいいでしょう。
基本戦略はどの攻撃パターンでも同じで攻撃陣と回復陣がダメージ受けたら馬車に入れて回復、というパターンです。
ギガンテスが200切ったら、ばくだんいわは結構持ちますが150切ったら考えましょう。
ホークブリザードは「しゃくねつほのお」でやばくなるので頻繁に馬車に入れましょう。

全体を通して注意すべきはおどるほうせきが死なないこと、これ一点に尽きます。
実際「ルカナン」後の打撃での一撃死をこの時点で食らいましたw
「せかいじゅのは」で回復させましたが、彼は必ず最後尾にするようにしましょう。
あと、ダメージ受けたモンスター多すぎるときは外を3人パーティにするのもアリです。
慣れれば戦況は割と安定します、まあ運の面もありますがw


そして問題の第二形態(中盤)です。

中盤)HP4500~2500
「打撃」or「しゃくねつほのお」→「いてつくはどう」or「めいそう」→「メラゾーマ」or「ルカナン」


ここが30分以上の激闘となってしまいました…
何と言てもこの場面最大の問題点は「めいそう」です!!
ちまちましか与えられないダメージを一気に500も回復されてしまうのです!!!
正直あまりの使用頻度の高さに心が折れそうになりましたwww
こちらはMPを使用しない戦略なのでおどるほうせきが乙らない限りはかなり戦えますがそれも限度があります。
この膠着した場面で何とか絞り出した可能性は「まじんのかなづち」でした。
メタル狩りのお供にと偶然ギガンテスに持たせていたのが奇跡的でした。
ミスる確率が半分ですがそれでも250ものダメージが与えられるのは魅力です。
すぐさま装備して攻撃!!しかし5ターン連続ミス…もうなんなんだよ。
確率を疑いそうになりましたがそのあとは割と連続して当たりだしたので良しとしましたがw
あと、回復が不要かちょっとで足りるときはおどるほうせきが「バギクロス」を使いましょう。
ここから先は「マホカンタ」も使わず、敵に耐性がないのでおいしいダメージ源となります。
しかしそれでも「めいそう」の使用率がかなり高い…というか二択の「いてつくはどう」を全く使ってこない…
前哨戦で家族パーティでやったときはやたらと使ってきた、というか逆に「めいそう」なんて使ってきた記憶がないんだが…
そしてだいぶ戦って気づいたんです、「こちらに有利なステータス異常がないと使ってこないのではないか」ということに。
家族パーティのときは勇者様が「フバーハ」かけっぱなしでしたからw
ということで試しにガップリンに「スカラ」を使わせてみました…がすぐに「ルカナン」で相殺されてしまいましたw
それならばとばくだんいわに「ダークシールド」を使わせてマホキテ状態にしてみたら、
見事「いてつくはどう」を使ってきました。よし、これで少しでも確率あげたぞ。
とまあ戦いながら何とか絞り出してきたと思ったらこの後奇跡が起きましたw
おどるほうせき「バギクロス」、ホークブリザード「会心の一撃」、ギガンテス「会心の一撃」、ばくだんいわ「会心の一撃
なにこの補正としか思えない奇跡の攻撃はw
一気に1000近いダメージを1ターンで与え一気に中盤戦を越えてしまいましたw

注)
あとで調べてみたんですが、どうやら「めいそう」はHP3166以下になった時点で選択肢に加わる仕様らしいです。
つまり特攻は有効手段であるということ。

さあ最終の第二形態(終盤)です。


終盤)HP2500~0
「しゃくねつほのお」or「痛恨の一撃(固定215)」→「いてつくはどう」or「イオナズン」→「ルカナン」or「メラゾーマ」

ここからは「めいそう」がありませんの一気に勝負を決めましょう。
戦略的にはそう変わりませんが「打撃」が「痛恨の一撃(215固定)」になるので
HPは前までの段階以上に余裕をもっていかなけれななりません。
というかこうなるとおどるほうせき即死が現実味を帯びるわけ…なんですが実はそれは前も同じなので関係ないですw
ただビックアイはHPが200前後なので盾役にならない可能性が出てきます。
でもビックアイはここからが見せ場、「痛恨の一撃」を食らいギリギリになった前衛キャラがいたら「ベホマ」で回復です。
ホークブリザードの「ベホマラー」もあえて温存してきましたがここまできたならば使いましょう。
ギガンテスの「まじんのかなづち」がコンスタントに決まればそう時間がかからないと思うので。
実際のプレイでも順調に決まり「痛恨の一撃」もうまく前衛キャラにあたってくれたおかげで、
割とあっけなく倒すことができてしまいましたw

あれ?様子見のはずが倒しちゃった…
なんとスライムベホマズンを一切使うことなく倒すことができてしまいましたw
確かに戦略を練りに練った…くせに途中でだいぶ追加変更されてますがw…とはいえ、
結局ベホマズン使わずには無理でしたー、ライオネック[MAXLV23]仲間にした後再挑戦だーというシナリオを考えていたのに…
そう今回の縛りでまだ使えるモンスターがいたのですwww

しかし今回のMVPは何と言っても「ガップリン」でした。
攻撃には一切絡まなかったのですが前衛を馬車にひっこめた時の外での盾役の活躍はまさにいぶし銀
ただHPがわりと高く馬車に空きがあるというだけの理由で入れたのにここまでの活躍をするとは!!
ただメガザルロックとかメタル系スライムがいたらどうなっていたかわかりませんがwww
今回の経験をもとにもうちょい安定した戦いができないものか考えてみたいなーとも思いますね。
「まじんのかなづち」とか「ダークシールド」とか一考の余地がある選択肢も増えましたし。

ちなみにラスボスは倒しましたがまだもうちょっとだけ続く予定です。
あのお方に挑みます。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-20 01:58 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート11ページ

様子見のラスボス戦です。
今回はパーティの装備持ち物から戦略を解説、第一形態までをレポート。

ミルドラース戦のメンバー

ギガンテス:LV05 [360/ 0]
 ビッグボウガン・まほうのよろい・オーガシールド・グレートヘルム・エルフのおまもり
 まじんのかなづち・せかいじゅのは

ばくだんいわ:LV20 [342/ 10]
 じごくのサーベル・デビルアーマー・ダークシールド・メタルキングヘルム・エルフのおまもり
 せかいじゅのは

ホークブリザード:LV19 [267/ 68]
 あくまのツメ・みずのはごろも・(なし)・かぜのぼうし・エルフのおまもり
 しゅくふくのつえ・せかいじゅのは

おどるほうせき:LV07 [195/181]
 はがねのキバ・カメのこうら・(なし)・シルクハット・エルフのおまもり
 けんじゃのいし・てんくうのたて・せかいじゅのは

ビックアイ:LV20 [207/ 55]
 ほのおのブーメラン・みずのはごろも・ほのおのたて・ちりょくのかぶと・エルフのおまもり

ガップリン:LV20 [304/ 57]
 はがねのキバ・カメのこうら・(なし)・シルクハット・エルフのおまもり

スライムベホマズン:LV20 [429/516]
 オリハルコンのキバ・みずのはごろも・マジックシールド・しあわせのぼうし
 ほしふるうでわ・エルフのおまもり

様子見の戦いなのでボロボロと準備に穴がw
たとえば「エルフののみぐすり」を渡すの忘れてたとか、「せかいじゅのしずく」も持たせればよかったとか。
まあMPに頼らない戦闘戦略なのでMP不足はしないと思うのですが、
回復薬のホークブリザードとビックアイには持たせたほうがいいかも。
あと「ほしふるうでは」をスライムベホマズンのつけっぱなしにしてたとかもありますね。
まあじゃあ誰につけるんだといわれてもピンとこないけどw
あと、ばくだんいわの「じごくのサーベル」ですが、
これは魔界のすごろく場で平地マスで地面を調べるとたまにもらえます。
セレブリティパス入手後にすごろく場を駆け回るとよいでしょう。
あと宝物庫に「しゅくふくのつえ」があるらしいんですがマスに止まれず諦めましたw

さて基本戦略ですが非常にシンプル
ギガンテスばくだんいわ
 攻撃担当、ただ攻撃するだけの簡単なお仕事です。
 ばくだんいわは耐性のおかげでかなり粘りますが、
 ギガンテスはだいぶダメージを受けますので馬車inも含めた回復優先で。
 「きあいため」は馬車に入ることがある、なるべく会心の一撃を出したいということでなしのほうがいいと思います。
ホークブリザードおどるほうせき
 回復担当、おどるほうせきは基本「けんじゃのいし」で全体回復。
 ホークブリザードは「しゅくふくのつえ」で主にギガンテス、状況の応じてやばそうな人の回復です。
 ホークブリザードも第二形態では耐性の問題でダメージを受けやすいので馬車inもよくあります。
 もし回復の手が空きそうなら攻撃参加をするといいでしょう。
ビックアイガップリン
 盾担当、上記4匹が馬車inしたときの壁として出動。基本「ぼうぎょ」のみが安全です。
 ビックアイは最後の最後で出番があるので1匹だけならガップリンを先頭にすればいいでしょう。
 HP300あるので「ぼうぎょ」さえしてればだいぶ持ちます。
スライムベホマズン
 今回はあえて使用しないことにしてますがここまでくるための雑魚戦で重宝してます。

ミルドラース戦(第一形態

まあここはそんな苦戦せず倒せるはず…です。
最初しばらく仲間を呼ばれず順調にダメージを与えていきましたが、
キラーマシーン二匹呼ばれてからは結構綱渡りでした。
どうしても吹雪耐性のないギガンテス・ばくだんいわにダメージが集中すると一気に危険な状態に…
そうなったときは適時ガップリンとビックアイを表に出して回復を図ります。この二匹は基本全防御で行きます。
しかし青リンゴHP300で防御だけに徹すればかなり持ちます。
後々このリンゴの盾っぷりがパーティをたびたび救うことになります。
あと最初ギガンテス・ばくだんいわを前列にしてたせいで攻撃が結構集中して危険な状態になりやすかったので、
それに気づいてからはホークブリザード・おどるほうせきを前に出しました。
こいつら二回に一回の「かがやくいき」完全耐性がありますからキラーマシーンのダメージも何とかなります。
あ、やはりダメージ分散させて雑魚倒すよりもさっさとミルドラース倒すべきだと思います。
そして順調に第一形態を撃破。問題の第二形態へ…
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-19 00:43 | DSドラクエ5

DS版ドラクエ5MAXLV30未満モンスターのみプレイレポート10ページ

ついに10回目を迎えたプレイレポート。
そして魔界突入…とその前にあまり関係ないけど封印の洞窟に向かいます。
おうじゃのマント」はいらないけどここには「まじんのかなづち」があります。
メタル狩りのお供にと思い回収。無駄な稼ぎはしない考えですが一応ね。
回収完了したのち魔界へ、最重要アイテム「けんじゃのいし」入手。
そして魔界で勧誘活動。

※エビルマウンテン周辺 ギガンテス[MAXLV07]
 ここにきてようやく出てきた戦闘向けモンスター。
 すぐ上限レベルになりますが成長力はハンパない。
 最高レベルにするには相当稼がないといけないけど、LV05くらいでも十分強い。
 HPは高いけど耐性がほぼザルなので装備で補っていきましょう。
 まあ強キャラとして使用制限したくなるけど、そこまでしたら戦略が立たなくなりそうで…
 スライムベホマズンボス戦禁止で我慢してくださいw

とクリア前最後の勧誘を終えてすごろく場荒らし開始。
もうちょっと装備を整えていきます。
具体的な品目は次回以降に…といっても2、3品ですが。

で準備を整えたところでエビルマウンテン突入。
攻撃系キャラがようやくそろったのでまあまあ楽に進みます。


ゲマ(二回目)
魔界で因縁の対決…ですが馬車、「けんじゃのいし」、即戦力アタッカーギガンテスのおかげでそんなに…w
攻撃パターンは「打撃」「はげしいほのお」「かがやくいき」「やけつくいき」「メラゾーマ」から1~2回行動

※実プレイ時のパーティ
 ギガンテス    :さっそく出番の即戦力アタッカー
           マヒ耐性はありますがそのほかの耐性がボロボロなので優先で回復を
 ばくだんいわ   :ほのお・メラ・マヒ耐性のあるので割と固いです
           「かがやくいき」は素通りなので注意が必要ですがまあギガンテスほどではない
 ホークブリザード :攻撃役兼「しゅくふくのつえ」「ベホマラー」での回復担当
           れいき耐性はありますがマヒ耐性がないのでマヒったら回復させましょう
 おどるほうせき  :今回も完全なる回復担当、「けんじゃのいし」「ストロスのつえ」を持たせましょう
           耐性のおかげで怖いのは「打撃」のみです
馬車内
 ビックアイ    :上記二名で回復が追い付かなくなった時の「ベホマ」要員
           外に出たとき「やけつくいき」がこないことを祈るばかりw
 スライムベホマズン:今回はあえて使いませんでした
           マヒ耐性がないので外には出しずらいのです
 エンプーサ    :カンストしていなかっただけw
 主人公      :敵討ちすら仲間任せの外道

回復優先で慎重に戦えば、最初の外の4匹でかなり安定して戦えますが、
「やけつくいき」でマヒさせられた後に「かがやくいき」が来ると危険な状況になるかもです。
プレイ時は一回そうなったのでビックアイが出動しましたw
まあ割と安定してたんでおどるほうせきに「てんくうのたて」を使用させて
「メラゾーマ」反射を狙ってみましたがうまくいきませんでしたw

地獄の執事を倒して「オリハルコンのキバ」を入手して…
といっても今回の縛りでは(使えるモンスターで)装備できるのがいないけど。
「せかいじゅのは」増殖とか残ってるけどこれで大体の準備が整いました。
とりあえず様子見でミルドラースに挑みます。
立てた戦略でどこまで粘れるか見てみたいと思います。
[PR]
# by mick_loca | 2012-06-18 01:51 | DSドラクエ5